「顔の見える木材での家づくり」

4本大黒柱の家

  • HOME »
  • 4本大黒柱の家

熊本市
2004年4月竣工
延面積 127.6㎡(38.6坪)
施工(有)ユートホーム
棟梁 田中幸則

施主はハウスメーカーで契約寸前であったが、見積を見て外壁サイディング、内壁クロスなのに価格が高く理解ができなかった。施主は疑問を持ち弊社に来られた。物事には利点と欠点がある。利点だけ説明し、欠点を言わない商売は社会からそっぽを向かれる。この建物は田の字間取りの伝統工法で、4本の大黒柱が基礎から母屋までのび、足元は根固めを挿し、床梁、小屋組も通し柱に挿している。

 

PAGETOP
Copyright © 熊本の山の木で家をつくる会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.